鉄道事業部

大昔の鉄道模型のご紹介

名古屋鉄道デキ1タイプ 1966年 鉄道模型社製品 価格は何と1250円だったそうです。

 

本社工場立ち上げ企画 工場整備の様子は こちら

塗装ブースの製作は こちらへ

JR貨物フェスティバル広島車両所公開レポートはこちら

■ 旅先で出会った車両達(鹿児島編)はこちら

■ 旅先で出会った車両達(岡山編)はこちら


■ 旅先で出会った車両達(北海道編)はこちら

■ 旅先で出会った車両達(舞鶴・京都編)はこちら



特別企画 マヤ34、タキ3000の製作は こちらへ


 

車両製作所 新車工場

形式

 JR西日本 クモハ113-3800
        クモハ112-3800

    最新の状況はこちらへ

 日本出張時に見たJR西日本の体質改善車。
写真のクモハ112は普通の電車ですが、相棒のクモハ113-3800がとんでもない顔をした奴で一目惚れしてしまいました。
 西湘車輌さんが主催される「競作プロジェクト2006」に当社も参加させて頂ける事となり、製作開始しました。
材質   ペーパー
履歴   1. BANKOK車両製作所 (製作開始 平成18年9月24日)
 

形式

国鉄モハ70 四次型

塗装・仕上げは4両分まとめました

最新の状況はこちらへ

中学時代に製作した70系 新潟仕様を4両編成化する為に増備車として製作開始。

更新工場でご紹介しているモハ70の相棒として同レベルであっさり仕上げます。

もう一台のモハ70はこちらでご紹介しています。

材質

ペーパー

履歴
  1. 宝積寺車両製作所 (製作開始 平成3年)
  2. BANKOK車両製作所 (製作再開 平成17年)
形式

国鉄クハ68 , クハ76

塗装・仕上げは4両分まとめました

 

最新の状況はこちらへ

製作中のモハ70 2輌の先頭車として製作開始。

仕様は中学時代に製作した同車両に合わせ、ごく一部残っているパーツも活用します。

材質

ペーパー

履歴
  1. BANKOK車両製作所 (製作開始 平成18年)
形式

国鉄オハ47 (準備中)

エンドウ製スハ43ボディキット使用。高2の時 製作を開始以来 23年経過してもまだ完成していない。

本HP立ち上げをきっかけに完成に持ち込みます。

材質

真鍮

履歴
  1. 神戸車両製作所 (製作開始 昭和55年)
  2. 宝積寺車両製作所 (製作再開 平成5年)
  3. 岡本車両製作所 (製作再開 平成11年)
  4. BANKOK車両製作所 (製作再開 平成17年)
 
形式

国鉄 ヨ8000 (準備中)

安達製ヨ8000キット使用。高3の時 製作を開始したがこれまた22年経過してもまだ完成していない。

オハ47と共に何とかこれを機に何とか完成させたい・・・。

材質

真鍮

履歴
  1. 神戸車両製作所 (製作開始 昭和56年)
  2. 宝積寺車両製作所 (製作再開 平成5年)
  3. 岡本車両製作所 (製作再開 平成11年)
  4. BANKOK車両製作所 (製作再開 平成17年)
 

車両製作所 更新工場

 

 

形式

国鉄モハ70 一次型

塗装・仕上げは4両分まとめました

最新の状況はこちらへ

当社に現存する最古の車両。 昭和54年に兄の高校の文化祭にて三両編成でデビュー。

壊れたままだった作品を更新させます。 今回は当時の姿を生かしながら更新するのが目的なので、細かい部品は一切追加せずに進めたいと思います。

また、行方不明となった先頭車二両は新車工場にて新規製作予定。 そして、平成4年に追加で製作開始したもう一両の中間車はこちらでご紹介します。

材質

ペーパー,木

履歴
  1. 神戸車両製作所 (製作開始 昭和53年)
  2. BANKOK車両製作所 (更新開始 平成17年)
 

車両製作所 資料室

形式 国鉄 テム300 発火しやすい石灰石等を運ぶ為に昭和32年より製造された全鋼性の有蓋車。
このページのTOPへ

HOMEへ