アジアの鉄道

Kobe Heavy Inderstry (Thailand) Co., Ltd

A タイ国鉄 (日本からやってきた24/14系 寝台客車)

実物誌で既に報じられている通り、タイ国鉄がJRの払い下げ客車を購入したとの事で、タイに4月中旬頃に到着しております。

タイランドのレムチャバン港に届いた客車達は、6両程度の編成でタイランドのBang Suu(バンスー)操車場に一旦集められ、その後タイ国鉄仕様に合わせた改造が行われるそうです。

このバンスー操車場は私の通勤時に使用している高速道路から見る事が出来ますので、写真を撮る事が出来ました。

写真が遠目で見にくいかもしれませんが、これからタイで活躍する日本の客車の姿をご覧ください。

通勤時、ぼんやりと車窓を眺めていたら、見慣れた色の客車が目に入りました。

あわててコンパクトカメラで撮った写真です。

右奥に2列見えるブルーの客車が今回やって来た24/14系寝台客車です。


(2008年5月3日撮影)

今度はしっかりと撮影するつもりで、運転手さんに左側に寄って走ってもらう様お願いした所、減速してくれたので写真が撮りやすかったです。

バンスー操車場はかなり大規模で、客貨車が多数揃っています。

よく見るとキハ58系気動車もいました。

色は塗り替えられていますが、まだまだ現役の様です。

24系客車は2列に並んでいますが、その右側奥に白帯のブルートレインが見えます。

これは14系寝台客車ですが、前面が白と黄色に塗り分けられています。

以前、タイに譲渡されて既に営業運転している車両と思われます。

2枚目の写真の拡大です。

左の2列がキハ58系で右3列が24/14系客車です。
妻面の黄色と白の塗り分けは警戒色なんでしょうね。

(2008年5月9日撮影)

 

このページのTOPへ

タイのページのTOPへ

HOMEへ